原因に合った化粧品選び

それぞれの成分の特徴

ウーマン

顔にクマがあると、それだけで老けた印象を与えますし、元気が無いようにも感じさせてしまいます。
クマの治し方には様々な方法がありますが、中でも化粧品を利用するのは、副作用もなく続けやすいというメリットがあります。
しかし闇雲になんでも使っていては、効果は半減してしまうかもしれません。
まずはクマの原因やその特徴を理解し、それに合った治し方をするべきです。
まず血行が悪くなることによってできてしまうものを、青グマといいます。
これは目の周りの毛細血管の血流が滞り、黒ずんだ血がうっ血し、皮膚の薄い目の下に青くクマができてしまう状態です。
これに有効的な化粧品の成分として、コラーゲンが挙げられます。
コラーゲンを強化することにより、目立ちにくくなります。
また定期的にピーリングを行なったり、レチノール配合の化粧品を使用したりすることも、有効的な治し方です。
次に色素沈着や小さなシミが集合体になったものを、茶グマといいます。
これにはシミの原因の元となるメラニン色素が関係しています。
まずUV効果のある化粧品を使用することです。
紫外線を浴びるとメラニン色素が増えるので、UV効果の高い化粧品を使う必要があります。
またビタミンC誘導体という美白効果が含まれている化粧品を使用することも、効果的な治し方です。
最後に黒クマというものもあります。
これは加齢が主な原因とされています。
下まぶたが加齢で薄くなることや、皮膚のたるみからきます。
やはりレチノールやコラーゲンなどの、お肌にハリをもたらす成分を含む化粧品の使用がおすすめです。

必要な成分を利用する

婦人たち

目の周りの皮膚はとても薄くてもろいので、荒れやすくクマが出来やすいという性質があります。
クマは疲労感や老けた印象を与えてしまいとても不快な症状です。
そのままにしておいても自然に回復することは少なく、適切な治し方を取り入れる必要があります。
クマは加齢に伴う目の周囲の筋力低下や、皮膚がたるむことによって出来やすい状態になります。
他の肌と一緒でコラーゲンの量が減少してしまう事が原因の一つにあげられます。
成分にコラーゲンが配合された化粧品を選ぶと、症状を悪化させることなくケアできます。
コラーゲンを取り入れる事で、肌に弾力が戻りハリやつやを取り戻せます。
紫外線の刺激によるクマの治し方は、原因となるメラニンに働きかける成分が有効です。
メラニンに直接作用するビタミンC誘導体が対策として利用が可能です。
美白効果もあるビタミンCの作用を安定化させた成分であり、日々のクマ対策にとても有効です。
治し方の中でも忘れてはいけないことが、十分に保湿する事です。
目の周りはもちろん、肌は乾燥により外部の刺激を受けやすくなります。
入浴後や洗顔後には保湿効果のある化粧品を積極的に取り入れましょう。
セラミドやヒアルロン酸は高い保湿作用があるため、普段使用する化粧品の成分に配合されているか確認しておくと安心です。
直ぐに症状が軽減されなくても、毎日継続してケアを行う事が治し方の基本となります。
また有効成分をしっかり吸収させたい気持ちから強い力を利用しては逆効果になるため、優しい力でケアを行う事が大切です。

たるみが原因の場合

婦人

目の下にクマがあると疲れた印象を与えるのはもちろん、実際の年齢よりも老けてみられるケースが多く、悩んでいる方が多い肌トラブルです。
ですが、治し方が全く無いという事はなく自分で行える治し方では、スキンケアを行うという方法が手軽でおすすめです。
ただし、クマが出来る原因はいくつかあり、その原因に合った美容成分を配合した基礎化粧品でスキンケアしなければ、さほど効果を実感出来ないでしょう。
目の下にクマが出来てしまう原因の1つに、皮膚のたるみが挙げられますが、この場合は肌にハリ感を与えると言われる美容成分を補う必要があります。
加齢などにより目の下の皮膚がたるんでしまうと、たるみによって影が出来て黒っぽいクマのように見えてしまうのです。
ですので、黒っぽいクマが出来ている場合の治し方は、目元のエイジングケアを行う事が有効と考えられています。
肌にハリや弾力を与えるコラーゲンや、保湿効果に優れており乾燥しがちな目元をふっくらとさせる、ヒアルロン酸やセラミドといった美容成分でのケアがおすすめです。
この他にレチノールやプラセンタエキスといった、肌のターンオーバーを促す作用が期待できる美容成分配合の化粧品でのケアも良いでしょう。
肌のターンオーバーを促進させる事で新しい肌細胞が作られやすくなり、たるみによるクマのケアに効果が発揮されます。
たるみによるクマのスキンケアによる治し方は、毎日ケアをしなければ効果はあまり期待できないので、続けるという事が大切です。美肌を目指して、継続的に続けましょう。また、これらのスキンケアなどで効果を実感できないのであれば、美容外科の美容治療を受けるのも一つの手です。美容外科の注入治療等であればメスを使用しないので気軽に受けることが出来るでしょう。最近では、仕事帰りに治療を受ける人も増えています。

温感作用でクレンジング

顔をふく人

ホットクレンジングはグリセリンと肌の水分が混ざって発熱することで肌を温めて柔らかくします。それによって、汚れを浮かせて落としやすくするので、肌に負担をかけることなく黒ずみを改善することができます。また、肌が柔らかくなるので洗顔後の化粧水などの浸透がよくなります。

もっと読む

美肌になるクレンジング

レディ

suisaiにはオイル、ジェル、クリームと3種類ものメイク落しがあり、なりたい美肌を目指すことが可能です。しっかりメイクを落としたいならオイル、ナチュラルメイクを落としたいならジェル、エイジングケアもしたい方にはクリームがおススメです。

もっと読む

シミやソバカスを隠すワザ

ファンデーション

ミネラルファンデーションは肌に優しいのに、シミやソバカスをしっかりと隠してくれるため人気になっています。数多くのミネラルファンデーションが販売されているため、各種ランキングを参考にして自身の肌に適した製品を見つけましょう。

もっと読む